MENU

インテリジェンスの保有するビッグデータを活かした転職

転職活動をする時に過去の応募者データを活かし、より良い職場を提案してくれるのがMIIDAS。インテリジェンスが保有するビッグデータを活かした転職サービスです。

 

ビッグデータとは

ビックデータはMIIDASのみならず膨大な顧客情報、あるいはマーケティング情報を保有している企業が扱っている情報です。文字通り「大きい情報」という意味合いもありますが、その情報の中には会員数や顧客の特性(年齢や職業、性別など)を含んだ種類の豊富さも挙げられます。

 

また単純に顧客情報だけでなく、行動分析やマーケティング効果といった対象の動きを集計しているのもビッグデータの特徴です。ビッグデータはどこかの調査会社から情報を仕入れるわけではなく、自社の持つマーケットから分析しそれを活用するケースが多くなっています。

 

具体的にどんな企業がビッグデータを活かしている?

ビッグデータを活かしている企業として有名なところは、カルチュア・コンビニエンスクラブ株式会社。

 

この企業が持つ強みは日本で5500万人程度が使用しているといわれるTポイントカード。アクティブ会員だけでもこれだけいるので日本最大級のビックデータを保有しているといえるでしょう。

 

5500万人もの顧客データがあればどのような用途に使用しているのか、どんな買い物や利用でTポイントを獲得しているのか詳細なデータを集めることができます。それをもとに商品開発や販売促進活動、マーケティングエリアの設定、新規サービスの立ち上げに大いに役に立ちます。

 

データが膨大になればなるほどより正確な情報が集まりやすく今後成功率の高い戦略を立てやすくなります

 

ビッグデータは個人データだけを取り扱うケースを指しているわけではありません。

 

株式会社電通が保有する過去のマーケティング情報や検証結果もビックデータです。過去にどのようなコマーシャルを打つと効果を得られるのか、顧客の年齢層や地域にあったマーケティング方法、メディア(ネット、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)の種類でどのような方法を選択すると効果が得られるのか、といった詳細なデータもビッグデータと言えます。

 

転職業界でビッグデータを保有している企業は?

転職業界でビッグデータを活かしている企業といえばDODAやanを立ち上げ運営しているインテリジェンス。

 

リクルートに次ぐ規模を兼ね備えた転職支援に力を入れた企業で、過去の実績から多くの求人情報及びおよび転職者の顧客データを保有しています。

 

創業以来20年以上に及ぶ運営実績から過去の転職者の経歴、就職活動、ニーズなどを明確に分析することでより最適な転職支援が行えるようになりました。

 

取得している資格を生かした転職先、実務経験を生かした転職先、年齢や職歴からおおよその年収、自分に合った職場の見つけ方、自分の経歴に見合った年収などの分析が可能です。

 

過去の転職者情報をもとに新たな転職希望者へ、より具体的なアドバイスやサービスを提供することができます。そのサービスが形になった転職サービスがMIIDASです。

 

過去の転職サービスとMIIDASの違い

インテリジェンスが発表しているDODAやanは転職や就職に関する情報を開示しているサービスと言えます。その中から転職希望者が自分の希望に合ったもの見つけ出していくというスタイルです。

 

一方MIIDASの場合、自分から探すというよりもMIIDASが転職希望者に対して理想的な企業を紹介してくれるサービスです。

 

紹介してくれるといっても適当に選ぶのではなく、詳細な転職データをもとにその人にあった企業を紹介するものです。最初に自分の学歴や業種、職種を明確に記入していきます。

 

企業規模や年収といった事細かな情報も入力することでインテリジェンスが保有するデータを活かし、その人にあった転職先を紹介出来るのです。

 

MIIDASでは200万人もの年収データを活かし、その人がどれぐらい市場価値があるのかといった分析を明確に打ち出します。職歴を打ち終えると、どれぐらいの年収が貰えるのか、最高年収だとどれぐらいまで可能かといった情報も知ることができます。

 

「転職をすると年収が上がる」なんて言いますがそれは今まで過小評価されてきた人に限ります。自分がどれぐらいのスキルを兼ね備えているのか、ニーズはどれぐらいあるのかといったことを理解することで年収の上げ幅もおおよそ想定がつくでしょう。

 

むやみやたらに年収を上げてほしいと伝えてもその希望が通ることはないでしょう。しかし市場価値を理解することで無理の無い年収希望を伝えることができるはずです。

 

ビッグデータを活かした強みとは

MIIDASは過去の転職実績を膨大に保有しています。そして7万人もの転職前、転職後の情報を公開しています。そのデータを見れば異業種に挑戦したい人、年収アップを希望している人、自分の学歴や年齢が気になる人もイメージがしやすくなり、自分の将来設計が立てやすくなります。

 

こういったサンプルを提示できるのも、ビッグデータを保有しているインテリジェンスならではの強みと言えますね。

 

DODAやanは長い運営実績もあり大幅な仕様変更はありませんが、MIIDASは新進気鋭の転職サービスなのでインテリジェンスのビッグデータを活かしたコンテンツや求人サービスが今後もさらに展開されていくのではと想定されます。

 

以上、インテリジェンスの保有するビッグデータについてご紹介しました。転職活動をする上で自分の立ち位置をまず理解しなければ適切な転職活動はできません。

 

MIIDASを活用すれば自分の市場価値を理解してから転職活動することができます。

登録不要・無料で自分の市場価値がわかる!

今すぐ公式HPへ

MIIDAS申込ページ

過小評価されてない? 仕事や職場に迷いを感じたら

市場価値をチェック

関連ページ

面接確約オファー