MENU

MIIDASとヘッドハンティングについて

転職するときにヘッドハンティングによって新たな就職先が決まるということもあります。MIIDASはヘッドハンティングの制度があるわけではありませんが似たようなシステムが採用されています。

 

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングは他社の経営陣や人事担当者から声をかけてもらい他社に移籍することを指します。言い方はちょっと悪いですが、引き抜きのようなものですね。サッカー選手が他のクラブチームの幹部から声をかけてもらって移籍する形に近いかもしれません。

 

ヘッドハンティングをされるのは取引先の企業、提携先の企業などコネクションがある企業が多くなっています。全く見ず知らずの企業からいきなりヘッドハンティングされるというケースはレアケースでしょう。

 

ある程度実務経験が豊富でスキルが高いということが外部の人間にも伝わっているくらい優秀な人材がターゲットとなります。

 

特にコンサルタントや営業職の方がヘッドハンティングにあう機会が多いようです。また外資系企業など世界を舞台に活躍する企業ほど優秀な人材に目を光らせている傾向があり、ヘッドハンティングする割合も高くなっています。

 

ヘッドハンティングの流れとは

実際にヘッドハンティングが行われる時に、「明日からウチの会社で働いてくれ!」というような無理な勧誘をすることはありません。円満に現在の会社を退職してから働くケースが多くなっています。

 

またなんとなくヘッドハンティングというと、現職中の企業に内緒で引き抜くイメージがありますが、場合によっては双方の企業の話し合いのもと、円満に退職して新たな企業で働くというケースもあります。

 

ヘッドハンティングといっても面接や書類選考が全くないパターンはほとんどありません。声をかけてもらってから実際に人事担当者や役員と話し合いをしてから正式に雇用契約を結ぶケースが多くなっています。

 

実際に転職するまでの期間は数ヶ月に及び、すぐに引き抜かれることは現実的にあまりありません。あまりダークなものではなく、例えば「大学病院に勤務していた時の先生の誘いで病院を変えた」というケースや、「取引先の企業と密接な関係があり、能力を生かす場を提供すると声をかけてもらい転職をすることになった」など円満に解決することもよくあります。

 

転職サービスのMIIDASにヘッドハンティングはあるのか?

結論から言うと、MIIDASにヘッドハンティングはありません。ただシステム的にはヘッドハンティングに近いものがあります。その理由として求職者が企業に応募するのではなく、企業から求職者に面接確約オファーが届くからです。

 

一般的な転職サイトの場合、求職者が企業に応募して書類選考の上、1次面接や2次面接といった形で進んでいきますが、MIIDASの場合、企業側が主導で書類審査を行って面接の勧誘をするというシステムです。

 

企業が「この人材を欲しい!」と考えて面接のオファーをするので、ヘッドハンティングの流れと同様のものがありますね。

 

ただ一般的なヘッドハンティングの場合、内定をもらえる確率が非常に高いですが、MIIDASの場合は面接次第で合否が決まるので、必ずしも内定がもらえるものではありません。そのあたりはヘッドハンティングとは内定率に違いが出てくると言わざる得ないでしょう。

 

以上、MIIDASにヘッドハンティングはあるのか検証してみました。採用する立場が優先的に動くという意味では、ヘッドハンティングに近いものがありますね。ある程度実務経験が付いてきたかなと考えている方はMIIDASに登録して面接確約オファーを待ってみてはいかがでしょうか。

登録不要・無料で自分の市場価値がわかる!

今すぐ公式HPへ

MIIDAS申込ページ

過小評価されてない? 仕事や職場に迷いを感じたら

市場価値をチェック