MENU

MIIDASと人材紹介サービスを比較

転職サイトのMIIDASは人材紹介を行っていません。全て応募者と求人者の意向によって面接が決まるので、仲介役となるエージェントも入ってこないサービスになっています。

 

一般転職サイトの人材紹介とは

転職サイトや人材紹介会社に登録すると営業の方やエージェントの方があなたの職歴を診断し、企業側にアプローチをかけ、いくつかの企業を紹介してもらうことが可能です。

 

あなたの希望を伺った上で企業側にアプローチするのでミスマッチが非常に少ないです。

 

ただし転職サイトや人材紹介会社はコネクションのある企業とは良好な関係を保ちたいと当然考えています。

 

その関係を壊さないためにも優秀な人材を送りたいと考えているのは間違いありません。そうなると職歴が浅い方や転職経験があまりにも多い人はなかなか推薦されず、自分の理想とする企業を紹介してもらえないということも考えられます。

 

ある程度自分の職歴に自信を持っていれば良いですが、あまり実務経験がなく、実績に乏しい方は苦労すると言わざるを得ません。

 

MIIDASは人材紹介を行っていない?

転職サイトのMIIDASは2015年にオープンした新進気鋭の新しい転職サービスです。口コミを中心に多くの企業が登録していて、運営もインテリジェンスならではのコネクションを生かした転職サービスとなっています。

 

まだ現在はMIIDAS立ち上げに伴い、多くのエージェントや営業担当が配属していないという現実があります。そのため仲介役となるエージェントが企業側に人材紹介することもありません。応募者のプロフィール内容や職歴を企業側が直接チェックして、気になる人材にオファーをかけて面接が実現するというシステムです。

 

まだオープンしたてということもあり、今後仕様が変わっていくかもしれませんが現状では応募者と企業が直接やりとりするサービスが主となっています。人材紹介というサービスがありませんから、特定の企業にアプローチすることはできません。しかしプロフィールを充実させればオファーが届く可能性も秘められています

 

人材紹介のメリットについて

人材紹介のメリットについていくつか挙げてみましょう。

  • 自分以外の人間が客観的にスキルを分析し、企業にアピールしてもらえる
  • 自分が興味を持った企業の情報を教えてもらえる
  • 自己表現が苦手な人はコンサルタントに代わりにアピールしてもらえる
  • 聞きづらい待遇面など代行して聞いてもらえる

 

上記のようなことが挙げられます。仲介役の手が入る事で聞きづらいところや自分の力だけでは知りうることのできない情報を手に入れることもできます。

 

人材紹介のデメリットについて
  • 紹介してもらえる求人数が少ない
  • 能力が低いと判断されると応募できる企業が限定される
  • 一般公募の応募者がいた場合、手数料がかからない一般応募者を採用するケースもある

上記のようなことが挙げられます。基本的に能力が無いとなかなか紹介してもらえないのが現状です。

 

以上、人材紹介についてご紹介してきました。MIIDASの場合、人材紹介を行なっているわけではありませんが今後そういったサービスを展開していく可能性もあるかもしれませんね。

登録不要・無料で自分の市場価値がわかる!

今すぐ公式HPへ

MIIDAS申込ページ

過小評価されてない? 仕事や職場に迷いを感じたら

市場価値をチェック