MENU

転職には波がある! タイミングが肝心

転職活動をする時は自分で辞めたいと思ったときに辞めて新たな仕事先を見つける人が多いかもしれません。しかしそれではスムーズに転職活動がいかないことも・・・。

 

自分のタイミングで転職を図る

転職するタイミングとしてまず挙げられるのが自分の判断によるタイミング。

 

前職で仕事の区切りが良い、跡継ぎが決まった、経営状態が傾いて不安だから急遽退職を決めた、など理由は様々。これらに共通することは、「次の転職先のことを考えるよりもまずは今の自分のタイミングで辞めたい」と判断していることです。

 

もちろんこういった辞め方も悪くはないのですが、新たな転職先がなかなか決まらないという事態に発展する可能性もあります。自分本位の辞め方だと求人でニーズが無いタイミングだと、休職期間が数ヶ月続いてしまうということも考えなくてはいけません。

 

特に突発的に仕事を辞めてしまうと転職シーズンや傾向を判断できず、転職活動に苦労してしまうケースが多く見られます。

 

経済的損失を考えて転職を図る

転職するときは休職中にも費用が嵩むことを忘れてはいけません。転職活動費用、交通費、食費、光熱費などの生活費。できるだけお金がかからないタイミングを模索しなければ生活で困窮を極めることも・・・。

 

例えば夏に転職すれば家にいる時間も増えますから、クーラー代などで電気代も高くなります。

 

逆に冬も同様に暖房器具などで電気代が高くなります。そういった経済的負担を考えて春や秋のシーズンに転職をするという方もいます。ただこれも自分本位の転職の仕方なので、タイミングよく自分の求人がみつかるとは限りません。

 

年齢を目安に転職を図る

転職するタイミングの一つとして年齢が挙げられます。ある程度年齢が高くなれば求人数自体が減ってしまい、それだけチャンスもなくなります。

 

30代、40代で一つの企業にずっと勤めていたという方であれば雇用保険の加入期間が非常に長くなり、それだけ失業保険がもらえる期間や金額も増えるので求職中でもある程度は生活費をまかなえるという利点もあります。

 

ただ生活が出来ても、長いブランクになると敬遠する企業も多いので長期の休職期間は控えたいところです。

一般的な採用シーズンに転職を図る

新規求人が増えるタイミングで退職を図るのも良いでしょう。

 

一般的には2月から3月、9月から10月、年度末の12月が新規雇用が増えると言われています。新シーズンの切り替えで退職者が増えたり、ボーナスをきっかけに退職者が増えるということがあります。

 

特にピークは2月から3月。

 

この時期は引越しの更新日にあたる人も多く、それをきっかけに転職を図る人も多いようです。求人数も増えるタイミングですが、それだけライバルが増えてくるという事も覚悟しなければいけません。

 

企業の採用状況に合わせて転職を図る

例えば自分が興味のある企業や転職したい企業があったとします。

 

その企業の求人情報を1年間見ていると決まって求人募集する時期、募集している職種が見えてきます。また時期によっては募集要項が変更されていることがあります。

 

例えば募集年齢が「以前は35歳までだったのに今回の募集は30歳までだった」、「年収が400万円だったのに今回の募集は360万円だった」ということもよくあります。

 

しかしこういった情報を知る術は残念ながら転職希望者にはありません。そもそも募集をいつするのかすらわからないというのが実情です。

 

しかし最近では自分の希望する企業をチェックしておくことで、その企業が求人募集を始めた時に通知してくれる便利な転職サービスがあります。

 

それはインテリジェンスが新たに立ち上げた「MIIDAS」という転職サービスです。

 

例えば自分が退職するタイミングで希望している企業が求人募集するとは限りませんね。もし募集していたとしても自分のスキルで合格するかどうかもわかりません。そこで合理的な方法を提案してくるのがMIIDASの面接確約オファーです。

 

希望する企業の求人募集が始まった時に自分のスキルでも応募できるような状況になれば、アラームを通じて転職のタイミングを知らせてくれます

 

面接確約オファーはあなたに興味を持った企業が面接日時を指定してオファーをしてくれるというものです。あなたの経歴や職務歴を見てオファーをかけているわけですから、入社日の調整なども臨機応変に対応してくれるでしょう。

 

MIIDASのメリットは転職のタイミングとミスマッチの少なさ

MIIDASのメリットは転職のタイミングを知らせてくれるだけではありません。

 

自分の職歴を入力することで幅広い業種からあなたに合った企業を提案してくれるメリットがあります。自分が働ける場所は実務経験がある仕事だけと考えがち。しかし異業種でも自分の経験を生かせる職種が世の中にはたくさんあるんです。

 

システムエンジニアからWEBデザイナーに転職する人、営業職から経営コンサルタントに転職する人など様々。

 

自分の経験を詳細に入力する画面がMIIDASにはあり、その経験をもとに転職可能な分野を照合し、数多くの転職先を提供してくれるサービスを行っています。過去のデータから分析しているので無理のない転職を提案することが可能になっています。

 

以上、転職のタイミングについてご紹介しました。

 

生活費やブランクなども考えると、できるだけ求職期間は短くしたいところです。在職中に転職活動をして希望の企業を見つけ、あとはMIIDASによって最適な転職タイミングを教えてもらうという方法が良いかもしれませんね。やはり目処が付いてから退職しないと苦労するのは自分ですから慎重な判断が必要です。

登録不要・無料で自分の市場価値がわかる!

今すぐ公式HPへ

MIIDAS申込ページ

過小評価されてない? 仕事や職場に迷いを感じたら

市場価値をチェック